【吉祥寺 ランチ】北口にガパオ専門店「ガパオキッチン」オープン!チーズと卵トロ~り。名物チーズガパオ

吉祥寺にガパオ専門店「ガパオキッチン」オープン!
7月に入ってオープンしたらしい、吉祥寺の新店舗へ行って来た。

立地良し。北口「パンの田島」の隣にオープン!

北口の駅前、コッペパン専門店「パンの田島」の隣、ハットクの2Fに!
駅前からダイヤ街商店街に向かう途中の賑やかな通り。

外に出された看板に目が行く!
ガパオ専門店かぁ~タイ料理屋はあっても、あまり見かけない!

タイのガパオはいくみんも好きで時々食べるが、こちらでは、
なにやらちょっと変わったガパオが食べられるらしい。
階段を上がり店内へ

小さな店内はアジアンな雰囲気

コンパクトな店内は、アジアンの雑貨などで飾られ、カウンター席と壁側にテーブル席。先に注文をし、お会計を済ませる。

チーズを覆ったユニークな見た目。人気№1「チーズガパオ」

ジャン、来ました!
いくみんが頼んだのは人気№1の元祖チーズガパオ 
S¥1,180/M¥1,280 /L¥1,380)
ライスの量だけが違うので、Sサイズに。
ドリンク&スープセット ¥200

ランチセットは17:00まで+¥200でドリンクとスープ付き。

グレープフルーツジュースとトムヤムスープ
トムヤムスープは具は無いが、しっかり酸味と辛さが効いた味わい。

エスニックさの無いこってりガパオ!卓上の調味料で辛さ調整。

ガパオのお味は⁈

初めて食べる、チーズガパオ。

ワンプレートに、ライス、鶏ひき肉炒め、生野菜

ライスの上にはチェダーチーズがたっぷりトロけ、卵が落としてある。
この見た目は、もはや、あのタイのガパオじゃない!^^

辛いのが苦手な人でも食べられるように、辛さを抑えて調理されているので、「辛さやバジルは卓上の調味料で調整してください」とのこと。
このままだと全くエスニック感が無い味付け。

これ等をかけてもまだ、これまで食べて来たガパオとは違う。
辛さやエスニックさを求めるなら、また別の食べ物だ。

細長いボトルのニンニクオイルみたいなものをかけても、美味しかった。

辛くてバジルが効いたガパオではないが、
この見た目は物珍しく、一度食べてみたくはなる。

他に、名物メニューとしてオムチーズガパオ(S¥1,180/M¥1,280 /L¥1,380)値段はチーズガパオと同じ。
スタンダードなガパオは¥780~

値段は、チーズガパオやオムガパオも、ランチは¥1,000くらいにしてくれたら良心的なのにな)^o^(
ごちそう様でした~!

今回紹介した「ガパオキッチン」店舗情報

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-6 2F
吉祥寺駅から104m
11:00~22:00
不定休

食べログ⇒https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13236741/

193Go!

最新情報をチェックしよう!