【吉祥寺】冷やし中華専門店「ひやちゅう」洋風の冷やし中華!痺辛ジェノベーゼ⁈もちもち麺で

ヒヤチュウの冷やし中華

吉祥寺の「ダメオパタカ」にオープン

「HiyaChu(ひやちゅう)」

吉祥寺にオープンした冷やし中華の専門店「HiyaChu(ひやちゅう)」へGo!

場所は井の頭通り沿い紀伊国屋を通り過ぎ右に入る。
人気かき氷店「たいやきそら」の隣。

フレンチレストラン「ダメオパタカ」の中で営業中。
「ダメオパタカ」のメニューと冷やし中華どちらも食べられる。

店内はカウンター席とテーブル席があり、こじんまりとして可愛らしい。

冷やし中華メニュー

ひやちゅうメニューとパタカメニュー

黒板の左上に書かれてるのが冷やし中華のメニュー
いくつか種類が。
名付けられたネーミングを見る限り、
どうやら普通の冷やし中華では無いようだ。

・ブラックビネガー ¥800
・グリーンソース ¥800
・ウニクリーム ¥1,000
・帆立ゆずこしょう ¥900

グリーンソースをチョイス

グリーンソース!緑色の正体は⁈

暫くすると運ばれて来た

きゅうり、ゆで卵、チャーシュー、トマトまでは通常通り。
脇には箸とフォークがセッティングされている。
どちらで食べるかはお好みで

具材たっぷりの下に隠れた麺を持ち上げると
ジェノベーゼパスタ⁈
の様な色の、もちもち麺!
なんだこれは~。
洋風の、冷製パスタを食べてる様。
花椒(ホワジャオ)の痺れも効いてる。
横に添えてあるチャツネで塩気を足して。
具材やソースを混ぜ合わせ麺にたっぷり絡め、後半になればなるほど味が濃くなり深くなり…。

後で聞くと、この緑色はジェノベーゼでもなんでもなく、ニラとのこと。
これには驚いた。
全くもってニラだとは想像もしてなかった。
ニラ独特のくさみは様々な工夫で消してるのだそう。

新感覚の冷やし中華だった。
シビ辛いのがまた良い。
他のメニューも試してみたくなった!

ニューヨーク逆輸入とは

黒板に「NY逆輸入」と書かれた文字が気になった。
これは…
店内で冷やし中華担当の日本人の女性オーナーさん。
ニューヨークで3年間、ポップアップ出店した後、
日本に戻り、始めは赤坂で間借り営業をされ、
現在、吉祥寺のここ「ダメオパタカ」にて本格的に営業を始めたのだそう。
キッチンには、
「ダメオパタカ」のシェフと「HiyaChu(ひやちゅう)」のシェフ2人が揃い、
どちらのメニューも楽しめるとは、実に面白いパターンだ。

かなり斬新な、というか初めての冷やし中華。これぞ“ひやちゅう”!
また味わいたい!

ごちそう様でした)^o^(

今回紹介したスポット情報&アクセス

「冷やし中華専門店 ひやちゅう (HiyaChu)」
0422-21-8501
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-10-2 エスカイヤ吉祥寺 1F ダ・メオ・パタカ内
JR吉祥寺駅西口改札からアトレ本館を通り西側出口より井の頭通りを西へ徒歩8分、紀ノ国屋吉祥寺店の先、脇道を右折したところ
吉祥寺駅から794m
[火~日]
11:30~15:00
17:00~20:00
定休日(月)
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13248799/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/hiyachu_nyc/
ツイッターhttps://twitter.com/HiyaChu_JP

これまでの 【吉祥寺グルメ

193Go!

最新情報をチェックしよう!