【朝食リポ】「名古屋観光ホテル」朝食ビュッフェは名古屋名物きしめん、手羽先に絶品クロワッサン!伝統あるクラシカルホテルで

名古屋でホテルの朝食

愛知に出張の際、前乗りして名古屋へ!
友人に会ったり、行ったことのないエリアにも行ってみた。

名古屋一の歴史を持つ「名古屋観光ホテル」に泊まってみた

宿泊したのは、「名古屋観光ホテル」
最寄り駅の伏見駅から2分、名古屋駅徒歩約15分の大通り(錦通)沿い。

1936年開業の名古屋市内で最も歴史の古いホテルだそう。

最新ホテルとは違った品のある趣。洋館と和の風情も感じるデザイン。
これまで泊まった中では、東京ステーションホテルの雰囲気にどことなく似ていた。

朝食はビュッフェ(7時~10時) 宿泊者以外も利用可能

朝食付きプランでステイ。(スタンダード客室で約17,000円)
1階のレストラン「ル・シュッド」で7時~10時までビュッフェ。
宿泊者以外も、3,800円(大人料金)で楽しめる。

普段は8時台に行くことが多いけど、早めに寝て起きれたので、7時半頃行くと、店内は空いてて、ビュッフェ台の料理もきれいな状態。

ライブキッチンはオムレツ!名古屋名物、焼きたてパンも

彩り豊かなサラダ、オードブル、フルーツ、シリアル、ヨーグルト。

パンはクロワッサンやデニッシュ、白パン、ロールパン、ワッフル、パンケーキもミニサイズで。
ハチミツは巣みつがセットされ、垂れてくるフレッシュなハチミツをタラ~り。
餡&ホイップ、バターやジャムも用意が。
デザートはクリームドーナツとパンナコッタの2種。

ライブキッチンはオムレツ。チーズやハム、マッシュルームなど好きな具材をオーダーし、その場で作ってもらえる。ソースは醤油、トマトケチャップお好みで。

また名古屋らしく、きしめん、手羽先、名古屋味噌の赤だしも。地元にちなんだグルメが楽しめるのは嬉しいね。

自分で湯がいて食べるきしめん
プリプリした手羽先も!

その他カリカリベーコンやウインナー、カレー、スープ…
洋食メインだけど、白米、ご飯のお供も。

クロワッサンはサックサクでバターが香り、お腹いっぱいなのに、ついおかわり!

サラダのトッピングやドレッシングも種類豊富、ミニサイズのホテルメイドパンがおいしい!

ドリンクステーションには、フレッシュジュース、ミルク、トマトジュース、温かいコーヒー、紅茶。

窓から朝の光が気持ちよく、これぞホテルで食べたい朝食の優雅なひと時。

大人向けのホテルでゆっくり過ごせた。

「名古屋観光ホテル」情報&アクセス

名古屋観光ホテル(政府登録国際観光ホテル登ホ第21号)
住所 〒460-8608 愛知県名古屋市中区錦一丁目19番30号
開業 1936年12月16日
客室 257室
名古屋観光ホテル 公式サイト
名古屋観光ホテル インスタグラム

これまでの【ホテル朝食】【ホテル】【愛知】【国内旅行

193Go!

最新情報をチェックしよう!