メズム東京で「オズの魔法使い」をモチーフしたランチ&ディナーのコースが4月25日からスタート 竜巻も出現!エメラルドの都の鮮やかな料理

メズム東京で名作をモチーフにしたランチコース

16階フレンチレストラン「シェフズ・シアター」で4月25日~9月30日まで期間限定で開催

『メズム東京、 オートグラフ コレクション』16階
真正面に東京スカイツリー!
浜離宮恩賜庭園とウォーターフロントが織りなす水辺の絶景

竹芝にあるホテル『メズム東京、 オートグラフ コレクション』16階のフレンチレストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」で、2022年4月25日より、出版から120年以上経った今もなお世界中の人々に愛され続ける名作『The Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)』をモチーフにしたランチ&ディナーのコースが期間限定でスタート。
「シェフズ・シアター」ではランチ、ディナーのグランドメニューは設けてなく、それぞれコース1本で、4カ月ごとに内容を変え提供している。絵本をテーマにしたメニューは今回が初めて。
バー&ラウンジ「ウィスク」では絵画をモチーフにしたアフタヌーンティーが大人気。

先日、開催されたお披露目会で一足先に味わってきました。

「The Wonderful Wizard of Oz(邦題:オズの魔法使い)」ランチ&ディナー
2022年4月25日(月)~2022年9月30日(金)
ランチ:6,100円、11:30~15:00(L.O. 14:00)
ディナー:12,700円、17:00~23:00(L.O. 22:00)
※消費税・15%のサービス料込み

物語の前半をランチで、後半をディナーで再現し、ランチとディナーを合わせると一つの物語が完成する構成となっている。

オズの魔法使いランチ:6,100円。ペアリングモクテルも

「The Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)」ランチ:6,100円

この日試食したのは、ランチ。

アミューズ、前菜、肉or魚料理を選べるメイン、デザート、コーヒーor紅茶付き:6,100円。
料理に合わせたオリジナルのモクテルや、ワインとのペアリングコースもあり。
ペアリングワイン(3杯)4,000円
モクテル(3杯)2,500円

リンゴの黒酢のキュッとした酸味が際立つサッパリしたウェルカムドリンク

アミューズ 竜巻

アミューズブッシュ:The Cyclone -竜巻-

料理
<アミューズブッシュ:The Cyclone -竜巻->
真っ白な器に、グリーンとホワイトで爽やか。
トップにそびえ立つ竜巻を模した装飾がインパクトあり!
ふわふわのヨーグルトのエスプーマの下には、肉厚のトラウトサーモンと季節のフルーツ、プチプチとした食感のクスクスやデュラム小麦を使用したサラダが隠れている。
酸味とコクのあるハーブソースで仕上げられたサッパリした1品。

巨大な竜巻によってドロシーとトトが不思議な世界へと運ばれてしまう印象的な物語の始まりを表現。
<物語のシーン>
カンザスの農場に暮らす少女ドロシーは、大草原の真ん中にある小さな家でヘンリーおじさんとエムおばさん、子犬のトトと仲良く暮らしていました。ある日突然、巨大な竜巻が家を襲い、ドロシーとトトは家ごと竜巻の一番上まで押しあげられ、何マイルも運ばれてしまいます。

前菜 黄色いレンガ道

前菜:The Council with the Munchkins -マンチキンたちとの話しあい-

<前菜:The Council with the Munchkins -マンチキンたちとの話しあい->
エメラルドの都へと続く黄色いレンガの道が表現された鮮やかな一皿。
季節の野菜や、ターメリックで色付けしたザクザクのパン!
下には柔らかく焼き上げた穴子や茄子のマリネ、茄子のムースに、トマトクーリが添えられ爽やかな味わい。

<物語のシーン>
ドロシーが目を覚ますと、そこは美しい草花に囲まれた、小さな人々が住むマンチキンの国でした。そこへ親切な北の魔女が訪れ、ドロシーの家が東の悪い魔女の上に落ち、奴隷にされていたマンチキンたちが自由になれたとお礼を言います。ドロシーが家へ帰る方法を尋ねると、 北の魔女は東の魔女が履いていた銀の靴をドロシーに渡し、 エメラルドの都へと続く黄色いレンガの道をたどってオズの魔法使いに会いに行くように伝えるのでした。

選べるメイン魚料理 ユニークな食材で表現した3種盛り

選べるメイン(魚料理):The Road Through the Forest -森の中の道-

<選べるメイン(魚料理):The Road Through the Forest -森の中の道->
1皿に3品の盛り合わせ。
点心の様なツルンとした食感の生地で包まれたアサリなどの魚介のすり身は、
「カカシの頭部」
ふっくら肉厚の鯛。表面は香ばしく焼き上げられ、光沢のある皮目がブリキのよう「ブリキのきこり」
手前左は、変わった形のきのこ・ヤマブシタケのフリット
たてがみのような見た目で弾力がある。
「ライオン」を表現

出汁のきいた貝ベースのソースと絡めて。
また、お皿にプリントされたドロシーたちのシルエットが、仲間と共に歩みを進める意気揚々とした雰囲気を演出。

<物語のシーン>
黄色いレンガ道を進むドロシーとトトは、 棒に引っ掛かったかかしを助け、 ブリキのきこりに油をさし、 臆病なライオンと出会います。 カカシは脳みそを、 ブリキのきこりは心を、 ライオンは勇気を手に入れる願いを叶えてもらうため、 オズの魔法使いに助けを求めに一緒にエメラルドの都に向かうことになりました。

選べるメイン肉料理 おそろしいケシの野

≪選べるメイン(肉料理):The Deadly Poppy Field -おそろしいケシの野-≫

<選べるメイン(肉料理):The Deadly Poppy Field -おそろしいケシの野->
外側はハシバミのクランブルでカリッと、中はやわらかくジューシーな氷室熟成豚に、コクのあるヘーゼルナッツ風味のソースや素材の旨味を生かした季節の野菜。
真っ赤なトマトパウダーと黒ニンニクのピューレで毒々しく描かれた花々がドロシーたちが迷い込んだケシの野を再現。
<物語のシーン>
ドロシーたちは力を合わせて様々な試練を乗り越え、 エメラルドの都を目指して進みますが、 途中で色鮮やかな花々に魅せられ、 気が付くと真っ赤なケシの花畑へ入り込んでいました。 深い眠りを誘うケシの花のにおいによって、 ドロシーとトトとライオンは眠り込んでしまうのでした。

鮮やかな緑一色のスイーツ!すばらしいエメラルドの都

≪デザート:The Emerald City of Oz -すばらしいエメラルドの都-≫

<デザート:The Emerald City of Oz -すばらしいエメラルドの都->
鮮やかな緑一色のスイーツ!
辺り一面鮮やかな緑色の印象的なエメラルドの都を表現した一皿。
ツルンとした青りんごのジュレでコーティングされたフワフワでなめらかな青りんごムース。
周りのソースは青りんごとキウイで、美しい色合いの飴細工やルッコラなどで飾りつけされ様々な食感が楽しめる。

<物語のシーン>
いくつもの冒険を乗り越えたドロシーたちは、 ついにエメラルドの都にたどり着きます。門番に渡された緑の眼鏡をかけ都に入ると、 そこにはきらめくエメラルドが散りばめられた世界が広がっており、 街並みや人々、 食べ物まで、 目に映るものすべてが緑色でした。 そしてドロシーたちは、 ようやくオズの魔法使いに会うことができました。

春を感じる彩りの、物語を表現したメニューにワクワク!)^o^(

ディナーは全5品のフルコース。12,700円

ディナー:12,700円(17:00~23:00 L.O. 22:00)
アミューズブッシュ:The Search for the Wicked Witch -悪い魔女をさがしに-
前菜:The Rescue -ドロシー仲間をすくう-
魚料理:The Magic Art of the Great Humbug -偉大なぺてん師の魔術-
肉料理:How the Balloon Was Launched -気球はどうやってとんだか-
デザート:Home Again -なつかしいわが家へ-

「The Wonderful Wizard of Oz(邦題:オズの魔法使い)」ランチ&ディナー料金、詳細

『The Wonderful Wizard of Oz(邦題:オズの魔法使い)』ランチ&ディナープログラム
提供期間2022年4月25日(月)~2022年9月30日(金)
営業時間
ランチ11:30~15:00(L.O. 14:00)
ディナー17:00~23:00(L.O. 22:00)
最新の営業時間につきましては、 ホテル公式ウェブサイトをご確認ください。
場所 16階レストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」
コース料理料金
ランチ:6,100円
ディナー:12,700円
メインディッシュのお肉は、黒毛和牛ロース肉または黒毛和牛ヒレ肉にアップグレードできます。(別途追加料金が発生します。)
ペアリング料金
ランチ:ワイン(3杯)4,000円/モクテル(3杯)2,500円
ディナー:ワイン(5杯)8,000円/モクテル(4杯)3,000円 
ご予約・お問い合わせ https://www.mesm.jp/restaurant/chefs_theatre.html
電話: 03-5777-1111(代表)
メール:reservation@mesm.jp
※消費税・15%のサービス料込み

「メズム東京、オートグラフ コレクション(mesm Tokyo, Autograph Collection)」情報&アクセス

「メズム東京、オートグラフ コレクション」
東京都港区海岸1丁目10-30
03-5777-1111
JR山手線・京浜東北線、モノレール「浜松町」駅 北口より徒歩6分
新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩3分
都営大江戸線・浅草線「大門」駅 B1/B2出口より徒歩7分

ホテル地下駐車場(バレーサービス)
ご宿泊 1泊あたり4,000円

公式サイトhttps://www.mesm.jp/

アフタヌーンティー、客室のリポート記事

<メズム東京の関連記事>

メズム東京 こんなの見たことない!「最後の晩餐」がモチーフのインパクト大アフタヌーンティー 13個のスイーツが集結(2021年6月30日更新)

【ウォーターズ竹芝】水上のファーストクラス体験!リムジンボートで羽田空港のアクセス便 都内5方面への観光船も(2021年7月1日更新)

【メズム東京】ここがすごかった!全室ピアノ付き、バルコニーから迫力の景色…マリオットが厳選する超ラグジュアリーなホテルを体験(2021年7月3日更新)

メズム東京の新作アフタヌーンティー(11/1-2/28) 笛を吹く少年モチーフの黒ケーキがインパクト抜群!(2021年11月10日更新)

メズム東京 3月1日~新作アフタヌーンティーはモネの「散歩、日傘をさす女性」野ばらに広がる初夏の空 鮮やかなモクテルと8種のスイーツ&セイボリーもワクワク(2022年2月24日更新)

これまでの【アフタヌーンティー】【都内ホテル

193Go!

最新情報をチェックしよう!